ポートアイランド病院
ポートアイランド病院 ポートアイランド病院 ポートアイランド病院 ポートアイランド病院
ポートアイランド病院 ポートアイランド病院 ポートアイランド病院 ポートアイランド病院
ポートアイランド病院国際脳科学医療福祉センター
 
リハビリテーション科 リハビリテーション
リハビリテーション科
概要
お知らせ
リハビリテーション科
ごあいさつ
 当院のリハビリテーション科には、およそ40〜50名の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍し、医師の指示のもとで各職種がリハビリテーションを提供しております。
 当院のリハビリテーションは大きく分類すると、入院リハビリテーション・外来リハビリテーション・訪問リハビリテーションの3つの機能を有しております。さらに入院リハビリテーションでは、一般病棟や回復期リハビリテーション病棟などの各病棟に入院中の患者様に対して、ご病態に合わせた目標を設定し、適切なリハビリテーションを提供できるよう配慮しております。このように、当院では障害の急性期、回復期から慢性期に至るまでの幅広い病期に対応したリハビリテーションを提供することが可能であり、入院から在宅、また医療から介護に至るまでの、一貫性のあるシームレスなリハビリテーションを提供できるよう取り組んでおります。
 患者様ならびにご家族様の日常生活が少しでも快適となるように、スタッフ一同ご協力させていただきます。
リハビリテーション科 理念 基本方針
わたしたちは法人理念、リハビリテーション科理念を達成するため、以下のことを実践します

1. 患者様、利用者様の生活機能の維持、向上につながる目標を本人、ご家族、他職種と共同して設定します
2. 患者様、利用者様の生活機能を維持、向上するための目標を達成するために
 理学療法士は、動作分析をベースに身体機能と日常生活動作を
 作業療法士は、動作分析をベースに身体機能と応用動作および社会適応能力を
 言語聴覚士は、観察、検査をベースにコミュニケーション能力と摂食嚥下機能を
それぞれ的確に評価した上で、専門的な知識と技術をもって治療・訓練をします
3. 患者様、利用者様の情報と目標をスタッフ間で共有し、入院、入所生活から退院、退所後までを視野に入れた継続性、一貫性のあるシームレスなリハビリを提供します
4. 患者様、利用者様の生活機能を維持、向上するために他職種ならびに外部関係者と連携をとり、必要に応じて各種装具、福祉用具、住宅改修の提案等、環境整備にも貢献します
5. 患者様、利用者様の身体機能、生活機能やその変化を客観的指標を用いて説明します
6. 患者様、利用者様に最大限貢献できるよう教育指導に励むと同時に、スタッフ各自が主体的に自己研鑚に努めながら専門性を高めていきます
7. 患者様、利用者様、ご家族、内部・外部関係者、わたしたちに関わる全ての人に思いやりの心を持って向き合います
リハビリテーションについて
【理学療法(Physical Therapy:PT)】

患者様の基本的動作能力(寝返る、起き上がる、座る、立つ、歩く、階段を昇るなど)の回復を促す治療を実施します。骨折やその手術後の患者様、慢性疼痛をお持ちの患者様、脳卒中やパーキンソン病などの中枢神経疾患の患者様、内科・外科的な治療による安静で日常生活活動能力に低下を来した患者様など、当院では様々な疾患をお持ちの患者様が理学療法の対象となります。
【作業療法(Occupational Therapy:OT)】

身体または精神に障害を有する患者様の応用動作(ボタンをとめる、箸で食べるなど)の回復を促す治療を実施します。また、リウマチや脳血管障害の患者様に対し、自助具の紹介や作成を実施しています。練習用の昇降式キッチンや浴室を用いて患者様の退院先により近い環境で日常生活活動の練習を行いながら、作業療法を行うことが可能です。
【言語聴覚療法(Speech Therapy:ST)】

脳血管障害などによる言語障害(失語・構音障害など)や摂食嚥下障害に対して評価・訓練を行います。また、高次脳機能(注意、記憶、判断、行為、行動、認識など)障害を有する患者様の治療も実施しています。
【物理療法】

当院には多数の物理療法機器を取り揃えており、理学療法や作業療法などの運動療法と併用して物理療法を実施しております。当院では温熱療法、電気療法、牽引療法などの物理療法が行えます。当院の物理療法機器の一部をご紹介いたします。
●マイクロウェーブ(極超短波)
高周波療法の一つ。電気エネルギーが熱エネルギーに変換され、脂肪、筋肉、皮膚などの組織をほぼ均等に温める。とくに筋肉の加熱が大きく、疼痛の緩解、痙縮の軽減、筋スパズムの改善をはじめ、拘縮、軟部組織の伸張性の増大や血流増進による創傷治癒過程の促進効果がある。
●バイブラバス(渦流浴)
温熱効果に加えて渦流による物理的な刺激を与え、循環の改善を図る。温熱療法の1つで、浴槽内に気泡の混入した噴流を発生するエジェクターがあり、その水圧によりマッサージ効果、清浄作用とともに循環改善、血流促進の効果がある。
●干渉波(低周波)
電気療法の1つ。当院の低周波治療器は2つの異なる中周波から干渉低周波を発生させるため、疼痛が発生しにくい。低周波治療は、筋肉を直接電気で繰り返し収縮させることで、循環を改善させ疼痛緩和を図る。また、末梢神経障害などで筋収縮が困難な場合に、筋肉を直接電気で刺激して収縮させることで筋力増強を図る。
●腰椎・頸椎牽引
背骨を引き伸ばすことで椎間関節(背骨の関節)周囲軟部組織の伸張や、椎間関節を離開させ、各種脊柱疾患の疼痛軽減を図る。頸椎症性神経根症、頸肩腕症候群、頸椎捻挫、腰椎ヘルニア、変形性腰椎症、慢性腰痛などが適応となる。